越谷相続・遺言・相続放棄の相談手続(千間台駅1分 土日祝営業) HOME »

遺言は一人ずつ残しましょう(共同遺言の禁止)

相続・遺言・相続放棄などお任せください。

  • 相続
  • 登記名義変更
  • 遺言
  • 遺言書作成
  • 遺産分割
  • 自筆証書遺言
  • 公正証書遺言
  • 相続放棄

越谷の相続・遺言・相続放棄は美馬克康司法書士・行政書士事務所

048-970-8046 メールフォーム

受付時間:8:30~18:30(せんげん台駅1分・土日祝営業)

遺言は一人ずつ残しましょう(共同遺言の禁止)

遺言は、2人以上の人が1つの証書で行なうことができません。かならず1人が1つの証書で行ないます。たとえ夫婦・親子であっても、2人以上が1つの証書で行なった遺言は無効になり、どちらの人の遺言としても効力を持たなくなります。

夫婦で「自分が先に死んだら、相手方配偶者に全財産を与える」と定めて共同名義で遺言を残しても無効です。

 

共同遺言に当たらない事例

しかし、次のような場合は共同遺言とは見なされません。

2人以上の独立した別々の自筆証書遺言が、同一の封筒に入れられている場合は、それぞれが遺言として有効です。

また、2通の遺言書が、各葉ごとに、同一人(甲)の印章による契印がなされた数枚綴りの場合でも、甲名義の遺言書形式のものと、乙名義の遺言書形式のものとが容易に切り離せる場合も、共同遺言とは見なされず有効です。

 

共同遺言で一方が無効な場合は?

同一の証書に2人の遺言が記載されていて、片方の氏名が自著されていない方式違反があった場合でも、共同遺書となるため、もう片方の人の遺書も無効になります。

 

遺言書 は、下記の項目をご紹介しています

ページトップへ戻る
Copyright© 越谷相続・遺言・相続放棄の相談手続(千間台駅1分 土日祝営業) All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】