遺言の効力

相続・遺言・相続放棄などお任せください。

  • 相続
  • 登記名義変更
  • 遺言
  • 遺言書作成
  • 遺産分割
  • 自筆証書遺言
  • 公正証書遺言
  • 相続放棄

越谷の相続・遺言・相続放棄は美馬克康司法書士・行政書士事務所

048-970-8046 メールフォーム

受付時間:8:30~18:30(せんげん台駅1分・土日祝営業)

越谷の相続・遺言・相続放棄の手続きは美馬司法書士行政書士事務所

遺言の効力記事の一覧です。
相続・遺言・相続放棄などでお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

遺贈の承認・放棄の取消、無効

総説 ① 遺贈の承認および放棄は、これを取消すことができません。この場合の取り消しは撤回の意味です。いったん特定遺贈につき、承認または放棄をすれば、任意の撤回は許されません。遺贈義務者その他の利害関係人を保護するため、任 […]

≫遺贈の承認・放棄の取消、無効の続きを読む

特定受遺者の相続人の承認・放棄

総説 ① 受遺者が、遺贈の承認または放棄をしないで死亡したときは、どうなるでしょうか。 ② 民法第988条は、次のように定めています。すなわち、「受遺者が、遺贈の承認または放棄をしないで死亡したときは、その相続人は、自己 […]

≫特定受遺者の相続人の承認・放棄の続きを読む

遺贈義務者の催告権

総説 民法第987条は次のように定めています。すなわち、「遺贈義務者その他の利害関係人は、相当の期間を定め、その期間内に遺贈の承認または放棄をすべき旨を受遺者に催告することができます。もし、受遺者がその期間内に遺贈義務者 […]

≫遺贈義務者の催告権の続きを読む

特定受遺者の遺贈放棄

① 特定受遺者が、遺贈放棄するか否かは、包括遺贈の放棄ほどの重要性が利害関係人にとって生じないと一般的に言えるとしても、特定遺贈の放棄の期間に制限がないことは、遺贈義務者その他の利害関係人に権利関係の不安定を強要すること […]

≫特定受遺者の遺贈放棄の続きを読む

遺贈放棄の期間

① 遺贈放棄するのに、期間の定めはありません。受遺者は、遺贈者の死亡後、いつでも遺贈放棄することができます。遺贈者の死亡前は、受遺者はなんの権利も取得していないので、死亡前の放棄は無意味です。 ② 停止条件付遺贈は、遺贈 […]

≫遺贈放棄の期間の続きを読む

越谷の相続・遺言の手続きは美馬司法書士行政書士事務所
ページトップへ戻る
Copyright© 越谷相続・遺言・相続放棄(せんげん台駅1分/土日祝営業) All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】