重複相続

実例

  1. 婚姻関係にない男女間に、子供が生まれました。 その後に、男(実の父親)が、嫡出でない子を養子としました。 この場合、親子間の血縁関係に、養親子という法定血族関係が、重複して発生します。
  2. 祖父が、自分の孫を養子とすると、祖父・孫間の血縁関係に、養親子という法定血族関係が、重複して発生します。
  3. また、配偶者の一方が、他方の父母の養子となった場合、兄弟姉妹という血縁関係の他に、配偶者という身分関係が、重畳的に存在することになります。

問題点

  1. 実際に、前記のような例は、たくさんありますが、相続の際、問題となります。
  2. すなわち、相続が開始した場合に、2つの身分を併有する相続人は、2つの地位に基づく相続分を加算したものを、取得できるか、という問題が生じてきます。

解決策

一. 被相続人Aの、長女Bの子Cが、被相続人の養子となっていました。

  1. 長女Bが、被相続人Aの死亡前に、死亡しました。
  2. Cは、養子としての相続分は、当然取得します。
  3. また、亡き母Bの代襲相続人としての、相続分をも取得します。

二. 実親Aが、非嫡出子Bを養子としました。

  1. 親Aが、死亡した場合、子Bの相続分は、どうなるのでしょうか。
  2. この場合、養子Bは、嫡出子となる結果、非嫡出子の身分は消滅します。
  3. したがって、Bは、養子としての相続分のみを、取得します。

三. 婿養子である夫Aが、他方の父母BCの、養子となりました。

  1. 養父母BCが死亡後、婿養子Aがなくなりました。実父母も、すでに死亡しています。子供も、いません。
  2. 妻Dは、妻としての相続分のみを取得し、Aの兄弟姉妹としての相続分は取得しない、というのが実務の取扱いです。
  3. 多数の学説は、妻Dの相続分と、Aの兄弟姉妹の相続分を、重複して取得すると、実務に反対しています。

 

相続人 は、下記の項目をご紹介しています

 

→ 越谷市の相続・遺言・相続放棄の相談手続き(せんげん台駅1分) トップ


→ 越谷の相続・遺言・相続放棄は司法書士行政書士の美馬/千間台駅1分
→ 越谷市の株式会社設立代行・離婚相談(せんげん台駅1分/土日祝営業)

ページトップへ戻る
  • 最新の記事

  • 当事務所代表

    美馬克康(みま かつやす)

  • ブログ新着記事

  • Copyright© 越谷市の相続・遺言の相談手続き(せんげん台駅1分/土日祝営業)) All Rights Reserved.
    【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】