法定相続人

法定相続

  1. 民法は、相続に関して法定相続制を採用しています。
  2. 具体的には、血族相続人として、次の順位です。
    1. が、第1順位
    2. 直系尊属が、第2順位
    3. 兄弟姉妹が、第3順位
  3. 第1~3の順位間ですが、先順位者が相続人となれば、後順位者は相続人となれません。
  4. なお、配偶者は、常に相続人となり、血族相続人がいるときは、その者と同順位での相続人となります。

 

第1順位

  1. 第1順位の 「子」は、子だけでなく、子が死亡していた場合などの、代襲相続人である直系卑属を含みます。 は、実子も養子も同等の立場で相続人となります。
  2. 非嫡出子、すなわち法律上の婚姻関係にない男女間に生まれた子も、「」に該当します。
  3. 胎児は、すでに生まれた者とみなされますから、子として相続人に該当します。

 

第2順位

  1. 第2順位の 「直系尊属」は、親等の近い者が優先することになります。
  2. たとえば、父母と祖父母が存在する場合、父母が優先します。したがって祖父母は、相続しません。
  3. この場合、父母が、死亡や相続放棄などで、相続人でなくなった場合に、祖父母が、相続人となります。
  4. 直系尊属は、第1順位の 「」が相続する場合は、相続人とはなれません。
  5. 直系尊属は、子がいない場合、あるいは子の全員が相続放棄をした場合、または相続資格を失った場合(相続欠格事由に該当とか相続廃除)に、初めて相続人となります。
  6. なお、直系尊属は、実父母と養父母がいれば、同等の立場となります。
  7. したがって、実父母および養父母の全員が生存の場合、相続人としての直系尊属は、4名となります。そして、均等に4分の1ずつの相続分を取得します。

第3順位

  1. 法定相続人として第3順位の「兄弟姉妹」は、子および直系尊属がいない場合、あるいはその全員が相続放棄をした場合とか、相続資格を失った場合に、はじめて相続人となります。
  2. したがって、兄弟姉妹の相続する可能性は、最も低くなります。
  3. 異母兄弟姉妹および異父兄弟姉妹も、兄弟姉妹に該当します。

 

相続人 は、下記の項目をご紹介しています

 

→ 越谷市の相続・遺言・相続放棄の相談手続き(せんげん台駅1分) トップ


→ 越谷の相続・遺言・相続放棄は司法書士行政書士の美馬/千間台駅1分
→ 越谷市の株式会社設立代行・離婚相談(せんげん台駅1分/土日祝営業)

ページトップへ戻る
  • 最新の記事

  • 当事務所代表


    美馬克康(みま かつやす)

  • ブログ新着記事

  • Copyright© 越谷市の相続・遺言・相続放棄の相談手続き(せんげん台駅1分) All Rights Reserved.
    【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】