越谷の相続・遺言・相続放棄などお任せください。

  • 相続
  • 登記名義変更
  • 遺言
  • 遺言書作成
  • 遺産分割
  • 自筆証書遺言
  • 公正証書遺言
  • 相続放棄

越谷の相続・遺言・相続放棄は「美馬克康司法書士・行政書士事務所」

048-970-8046 メールでお問い合わせ

受付時間:8:30~18:30(せんげん台駅1分・土日祝営業)

視聴覚など障害者の証人資格 越谷の相続・遺言・相続放棄などのご相談は美馬司法書士・行政書士事務所

視聴覚など障害者の証人資格に関する手続きや法文の解説です。どなたにでもわかりやすいよう解説しております。「視聴覚など障害者の証人資格」についてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

① 明文ではあげられていないが、証人または立会人の職責を果たすことができないと思われる者を事実上の欠格者として、証人・立会人適格者から外すべきことが主張されています。

 

② たとえば、証人の署名が求められている公正証書遺言、秘密証書遺言、死亡危急者遺言については、自書できることが必要です。伝染病隔離者遺言、在船者遺言および船舶遭難者遺言については、署名できない場合は事由付記で変えることができるので、少なくとも一人の証人・立会人が署名することができればよいでしょう。

 

③ 視聴覚・言語機能に障害がある者が、証人になれるかどうかが問題とされてきました。判例は、目の見えない甥とその妻の立会いのもとで公正証書遺言がなされた事案において、遺言者の口授を耳で聞き、公証人の筆記を目で見て対比することが必要な場合を除いて、目の見えない者も証人となる資格があるとしています。

 

④ 1999年(平成11年)改正法によって、証人が耳の聞こえない者であるときは、通訳人の通訳によって遺言の内容を伝える方法が認められたので、また遺言者が口がきけない場合のために通訳人の通訳または自署によって、遺言の趣旨を伝えることができるようになったので、聴覚障害者を事実上の欠格者とする理由はなくなりました。

遺言証人・立会人の欠格事由法文詳解トップへ戻る

遺言法文詳説の一覧へ戻る

越谷の相続・遺言・相続放棄などお任せください。

  • 相続
  • 登記名義変更
  • 遺言
  • 遺言書作成
  • 遺産分割
  • 自筆証書遺言
  • 公正証書遺言
  • 相続放棄

越谷の相続・遺言・相続放棄は「美馬克康司法書士・行政書士事務所」

048-970-8046 メールでお問い合わせ

受付時間:8:30~18:30(せんげん台駅1分・土日祝営業)

ページトップへ戻る

越谷 相続のご相談

お気軽にお問い合わせください

048-970-8046

  • 当事務所代表

    美馬克康(みま かつやす)

    当事務所では、相続遺言相続放棄のお手続きを取り扱っております。
    東武線せんげん台駅から1分の駅近で、ご予約をいただければ朝7時から夜21時までご相談可能です。
    初回のご相談は30分無料です。まずはお電話でお気軽にご相談ください。

    掲載メディアご紹介

    当事務所が「令和のベストヒット大賞2019年度版」に掲載されました。

  • 相続関連の新着記事

  • モバイル用QRコード

    越谷相続相談手続きセンターの
    モバイル表示はこちらから

    越谷相続手続きセンターQRコード