法定相続分(その2)

① 法定相続分は、共同相続する相続人の種類によって、異なってきます。

直系尊属と配偶者が相続人である場合、直系相続の相続分は3分の1、配偶者の相続分は3分の2です。

直系尊属が数人あるときは、数人の各相続分は、この3分の1を均分したものとなります。

 

② 父母が相続人となる場合、実父母・養父母の区別は、ありません。同一対等の立場で、相続します。

また、父方母方の区別もなく、相続分は平等となります。

 

③ 祖父母は、父母がいない場合に相続人となります。この場合も、父方の祖父母と母方の祖父母の区別は、ありません。

 

④ 事例で考えてみましょう。

 

1.被相続人甲の相続人は、妻A、甲の父母B・Cであり、相続財産は3600万円とします。

各自の相続分と相続取得額は、次のとおりです。

 

妻Aの相続分は、2/3、相続取得額は、3600万円×2/3=2400万円

父母B・Cの各相続分は、1/3×1/2=1/6

父母B・Cの各相続取得額は、3600万円×1/6=600万円、となります。

 

2.被相続人甲の相続人は、妻A、甲の養父母B・C、甲の実母Dであり、相続財産は3600万円とします。

各自の相続分と相続取得額は、次のとおりです。

 

妻Aの相続分は、2/3、相続取得額は、3600万円×2/3=2400万円

養父母B・C、実母Dの各相続分は、1/3×1/3=1/9

養父母B・C、実母Dの各相続取得額は、3600万円×1/9=400万円、となります。

ページトップへ戻る
Copyright© 越谷市の相続・遺言の相談手続き(せんげん台駅1分/土日祝営業) All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】