法定相続分(その1)

民法第900条

同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。

(1)子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする。

(2)配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、3分の2とし、直系尊属の相続分は、3分の1とする。

(3)配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、4分の3とし、兄弟姉妹の相続分は、4分の1とする。

(4)子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。

ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1とする。

 

① 本条は、同順位の相続人が数人あって、共同相続となる場合の、各相続人の相続分を定める規定です。

 

② 相続分とは、共同相続に際して、各共同相続人が、相続財産を承継すべき割合です。

すなわち、各共同相続人が、取得し得べき相続財産の総額に対する分数的割合です。

 

③ この相続分は、まず、被相続人またはその委託を受けた第三者の指定によって、決定されます(民法第902条)。指定相続分と呼ばれます。

次に、指定がない場合には、本条に従って決定されます。法定相続分と呼ばれます。

 

④ 法定相続分は、共同相続する相続人の種類によって異なります。

子と配偶者が相続人である場合、子の相続分は2分の1、配偶者の相続分は2分の1です。

 

⑤ 子が数人ある場合は、全員で2分の1を取得し、各人の間で均分します。

子については、男女の別、戸籍の異同、実子・養子の別、国籍の有無を問いません。

ページトップへ戻る
Copyright© 越谷市の相続・遺言の相談手続き(せんげん台駅1分/土日祝営業) All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】