祭祀に関する権利の承継

民法第897条

(1)系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って、祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。

(2)前項本文の場合において、慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。

 

① 本条は、系譜、祭具および墳墓などの祭祀財産について、相続の一般的規定とは別に、特別の承継ルールを、定めたものです。

 

② 系譜とは、家系図、過去帳など祖先以来の系統を、示すものです。祭具とは、位牌、仏壇、仏具、神棚など、祭祀・礼拝の用に供するものを、いいます。墳墓は、墓石、墓地の所有権や墓地使用権(大阪高等裁判所決定昭和59年)を、含みます。

 

③ 祭祀主宰者の資格に制約はなく、相続人でなくても可能ですし、親族関係の有無とか、氏の異同なども問いません(大阪高等裁判所決定昭和24年)。通常は一人ですが、特段の事情があれば、二人を共同の承継者とすることも、可能です。

 

④ 祭祀財産の承継には、相続の規定が適用されないから、相続の承認や放棄はできません。

しかし、祭祀をなす義務を負うわけではありません。また、祭祀主宰を理由に、相続につき特典(特別の相続分や祭祀料の要求)も認められません(東京高等裁判所決定昭和28年)。

 

⑤ 遺体・遺骨について、所有権を認めるにしても、埋葬管理と祭祀供養の目的の範囲内に、限られるでしょう。その帰属は、祭祀承継者とするのが判例です(最高裁判所判決平成元年)。

 

⑥ 葬式の際の香典は、相続財産ではありません。葬式費用などの遺族側の負担の軽減のための贈与と解されていますので、葬式費用に充当することは、問題ありません。

ページトップへ戻る
Copyright© 越谷市の相続・遺言の相談手続き(せんげん台駅1分/土日祝営業) All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】