相続の一般的効力(その1)

民法第896条

相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

 

① 相続の一般的効果として、被相続人の死亡により、被相続人に属していた一切の権利義務が、包括的に相続人に承継されます(包括承継)。

 

② そして、この効果は、相続人が相続開始の事実を知るか否か、相続登記等の有無にかかわらず、法律上当然に生じます(当然承継)。

 

③ 承継されるものは、所有権などの物権、債権・債務、形成権などの具体的な権利義務のほか、財産法上の法的地位、例えば、契約申込みを受ける地位、売主として担保責任を負うべき地位、無権代理人たる地位、善意者・悪意者たる地位、債権者から何年も請求を受けないできた地位なども、含まれます。

 

④ しかしながら、包括承継の原則にも、例外があります。

 

⑤ 例外の第1は、被相続人の一身に専属するものは承継されず、被相続人の死亡により消滅します。ただし、一身専属か否かは、明文がある場合を別にして、その判断はしばしば不明確です。場合により、個別に判定するほかありません。

 

⑥ 包括承継の原則の例外・第2に、位牌、墳墓などの祭祀財産は、相続のルールとは別に、祭祀主宰者が承継します(第897条)。

 

⑦ 包括承継の原則の例外・第3に、被相続人の死亡を原因とするが、相続ではなく契約又は法律の規定に基づき、相続人が固有に取得する権利(生命保険金、死亡退職金など)は、相続財産ではないから、相続は関係しません。

ページトップへ戻る
Copyright© 越谷市の相続・遺言の相談手続き(せんげん台駅1分/土日祝営業) All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】