直系尊属及び兄弟姉妹の相続権

民法第889条

(1)次に掲げる者は、第887条の規定により相続人となるべき者がない場合には、次に掲げる順序の順位に従って相続人となる。

一、被相続人の直系尊属。ただし、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。

二、被相続人の兄弟姉妹

(2)第887条第2項(子の代襲者)の規定は、前項第2号の場合について準用する。

 

① 本条は、(1)で、血族相続人の第2順位、第3順位を明らかにしています。

また、(2)で、第3順位の相続人である兄弟姉妹につき、1回だけ代襲相続が行われることを、明らかにしています。

 

② 第887条によると、被相続人の子、その代襲相続人または再代襲相続人が、被相続人を相続します。これらの者がいないときは、本条によって、第1に直系尊属が、第2に兄弟姉妹が相続人となります。

 

③ 第2順位の血族相続人は、直系尊属です。

直系尊属が、全員相続人となるのではありません。ただし書きにより、親等の近い者だけが、相続人となるのです。

 

④ 父母、祖父母、曾祖父母が、いずれも生存しているときは、父母だけが(共同)相続人となります。

祖父母は、父母の双方が死亡しているときに、はじめて相続人となります。

 

⑤ そして、曾祖父母は、父方の祖父母および母方の祖父母の全員が、死亡していないと相続人とはなれません。

 

⑥ 被相続人が養子である場合、特別養子でない限り、直系尊属には、実方の直系尊属と養方の直系尊属が、含まれます。縁組しても、実方親族との血縁関係が、存続するからです。

 

⑦ 被相続人の兄弟姉妹が、第3順位の血族相続人です。相続分の関係では、両親を共通する兄弟姉妹と、親の一方だけを共通する兄弟姉妹とで、扱いが異なっています。

 

⑧ 兄弟姉妹は、遺留分を有しません(第1028条)。したがって、また相続人廃除の対象とはならない(第892条)点で、他の相続人とは、異なっています。

 

⑨ 事例を、ご紹介いたします。

子どものいないAB夫婦が、XYの子Zを普通養子とし、次に甲乙の子丙、丁のうち丙を普通養子にしました。その後、ABともに死亡し、さらに甲乙も死亡しました。その後、配偶者も子どももいない丙が死亡したとき、Zおよび丁が、相続人となります。

兄弟姉妹には、1回だけ代襲相続が認められます。再代襲相続を認めると、相続人がふくれあがり、相続をめぐる法律関係がきわめて複雑化するため、1回に制限されたのです。

ページトップへ戻る
Copyright© 越谷市の相続・遺言の相談手続き(せんげん台駅1分/土日祝営業) All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】