子及びその代襲者等の相続権

民法第887条

(1)被相続人の子は、相続人となる。

(2)被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。

(3)前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その代襲相続権を失った場合について準用する。

 

① 本条1項は、血族相続人の第1順位は、被相続人の子である旨を、明白にしました。

被相続人の子である限り、実子(嫡出子、非嫡出子)であると、養子(普通養子、特別養子)であると、女子・男子であるとを、問わないのです。子が、全員相続人となります。

 

② なお、非嫡出父子関係は、認知によって発生しますから、任意認知または強制認知がない限り、親子関係は生じません。

これに対して、非嫡出母子関係は、原則として、分娩という事実によって発生しますから、特別の手続きを要せずに、親子関係が発生します。

 

③ 本条2項・3項は、代襲相続を規定しています。

代襲相続とは、例えば、被相続人Aの子Bに、代襲原因が生じると、Bの子Cは、Bに代わってAを相続することを、いいます。

 

④ 代襲者は、子の子です。子の子であっても、被相続人の直系卑属でないときは、代襲相続はできません。

すなわち、子の子であっても、養子縁組前に生まれた養子の子は、養親との間に代襲相続は生じません。

 

⑤ 代襲者は、被相続人から廃除されておらず、または被相続人との関係で、欠格でないことを要します。

なお、被代襲者との関係で、欠格となりまたは廃除されても、代襲相続権は肯定されています。

 

⑥ 代襲原因は、3つに限定されています。

第一に、以前死亡です。すなわち、子が、被相続人より先に死亡するか、被相続人と同時に死亡する場合です。

 

⑦ 第二に、相続欠格事由によって、相続権を失った場合です。

欠格事由の発生が、相続開始前か開始後かを問いません。換言すれば、相続開始後にも代襲相続が、生じ得るのです。

 

⑧ 第三に、相続廃除です。

廃除が、相続開始前か開始後かを問いません。相続欠格と同様に、相続開始後の廃除にも代襲相続が、生じます。

 

⑨ 代襲相続の時点で、胎児として存在する限り、代襲原因発生時に胎児として存在していなくても、代襲相続が可能です。

 

⑩ 例えば、被相続人に対して、詐欺又は強迫によって、自己に有利な遺言を書かせた相続人が、相続欠格となった場合において、この時点では、その相続人に胎児がいなかったが、被相続人死亡の時点では、胎児が存在したときは、この胎児も代襲者となります。

 

⑪ 代襲者に代襲原因が生じると、さらに代襲相続が生じます。再代襲相続です。

例えば、被相続人Aの子Bを代襲した、Bの子Cについて代襲原因が生じた場合、Cの子DがCを代襲して、Aを相続します。

 

⑫ また、Dに代襲原因が生じると、Dの子Eが、Dを代襲してAを相続します。

繰り返して、代襲相続が行われるのです。

ページトップへ戻る
Copyright© 越谷市の相続・遺言の相談手続き(せんげん台駅1分/土日祝営業) All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】