特別縁故者への遺産分与

特別縁故者に対する相続財産の分与は、民法第958条の3に規定されています。 1.前条の場合において、相当と認めるときは、家庭裁判所は、被相続人と生計を同じくしていた者、被相続人の療養看護に努めた者その他被相続人と特別の縁 […]

≫特別縁故者への遺産分与の続きを読む

特別縁故者の範囲

特別縁故者に対する相続財産の分与は、民法第958条の3に規定されています。この条文は1962年の民法改正で新設された条項です。 1.前条の場合において、相当と認めるときは、家庭裁判所は、被相続人と生計を同じくしていた者、 […]

≫特別縁故者の範囲の続きを読む

同時死亡の推定

同時死亡の推定とは、たとえば、同一危難にあって親子が死亡して、どちらが先に亡くなったかが不明の場合には「同時に死亡した」と推定するものです。 この同時死亡の推定は、民法第32条の2で規定されています。 「数人の者が死亡し […]

≫同時死亡の推定の続きを読む

婚姻外の子・胎児の相続

婚姻外の子供(非嫡出子) 婚姻外の子供も、父親が被相続人の場合、その父に認知されていれば相続人となります。平成25年12月の民法改正により、非嫡出子の相続分は嫡出子と同額となります。 たとえば、父親が被相続人で、嫡出子A […]

≫婚姻外の子・胎児の相続の続きを読む

代襲相続

代襲相続の意義 代襲相続は、被相続人の死亡以前に、相続人が相続権を失ったときの他の者が、相続人となる制度です。 すなわち、被相続人の死亡前に、相続人となるべき子・兄弟姉妹が死亡し、または廃除され、あるいは欠格事由があるた […]

≫代襲相続の続きを読む

ページトップへ戻る
  • 最新の記事

  • 当事務所代表

    美馬克康(みま かつやす)

  • ブログ新着記事

  • Copyright© 越谷市の相続・遺言の相談手続き(せんげん台駅1分/土日祝営業)) All Rights Reserved.
    【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】