自筆証書遺言の作成例

自筆証書遺言には特に定まった書式はありません。公正証書遺言の場合は、公証人が「第~条」と記載するのが普通ですが、自筆証書遺言で、そのような形式で書くことは少ないかと思います。 遺言書には、何を書いても自由です。法的には意 […]

≫自筆証書遺言の作成例の続きを読む

自筆証書遺言の判例

自書に関する判例 1.他人の補助 (大審院判例昭和6年7月10日) 甲野乙男は、死期が近いことを認識し、遺言書の作成を思いつきました。しかし、1年近くも寝たきり状態であり、衰弱も甚だしく、筆も満足に持てません。そこで、 […]

≫自筆証書遺言の判例の続きを読む

遺言書の検認

遺言の執行とは、遺言者の遺言内容を実現する手続きをいいます。遺言の執行を円滑に実施するためには準備手続が必要です。その準備手続として、遺言書の提出・検認・開封の手続内容を法律で定めています。 遺言書の保管者は、相続の開始 […]

≫遺言書の検認の続きを読む

自筆証書遺言の欠点

自筆証書遺言は、思い立ったら簡単に作成できる反面、欠点もあります。 方式違反があれば遺言書そのものが無効となります。 相続人や第三者によって、遺言書を偽造されたり、内容を変造される恐れがあります。 せっかく遺した遺言書を […]

≫自筆証書遺言の欠点の続きを読む

自筆証書遺言の日付

自筆証書遺言には、日付の記載が必要だと法律で定められています。民法第968条第1項は、次のとおり規定しています。 自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。 […]

≫自筆証書遺言の日付の続きを読む

ページトップへ戻る
  • 最新の記事

  • 当事務所代表


    美馬克康(みま かつやす)

  • ブログ新着記事

  • Copyright© 越谷市の相続・遺言・相続放棄の相談手続き(せんげん台駅1分) All Rights Reserved.
    【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】