遺言効力の発生時期

遺言そのものは、遺言者が遺言の意思を表示した時点で成立します。しかし、遺言としての効力が発生するのは、遺言者が死亡した時です(民法第985条1項)。 遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生ずる。 遺言はいつでも自由に撤 […]

≫遺言効力の発生時期の続きを読む

遺言執行者

遺言書の内容は、死者の最後の意思表示ですので尊重されるのが原則です。しかし、相続人の意思や怠慢で遺言内容が実現しない可能性もあります。そうならないように、遺言の内容を執行してくれる遺言執行者をあらかじめ指定しておきましょ […]

≫遺言執行者の続きを読む

法的に認められる遺言の内容

遺言書には、原則として何でも書けます。しかし、民法で遺言としての効力を認めている項目は限定されています。 たとえば「母の老後の面倒を子供全員で看てあげてほしい」という遺言を残しても、法律的には意味がありません。仮に子供の […]

≫法的に認められる遺言の内容の続きを読む

遺言の撤回

自分が作成した遺言は、いつでも、どんな理由ででも、自由に撤回や変更をすることができます。法律に則って書かれた遺言は、効力が生じていない間(=遺言者が生きている間)であればいつでも、たとえ取消原因がなくても自由に取り消した […]

≫遺言の撤回の続きを読む

遺言撤回と見なされる場合

遺言を残した後で、実際に明言をしていなくても「遺言を撤回した」と見なされる場合(遺言撤回の擬制)があります。   遺言書の抵触 前の遺言と後の遺言との内容に両立できないものがあった場合、前の遺言の項目は後の遺言 […]

≫遺言撤回と見なされる場合の続きを読む

ページトップへ戻る
Copyright© 越谷市の相続・遺言の相談手続き(せんげん台駅1分/土日祝営業) All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】