遺言について

「遺言」は、一般的には「ゆいごん」と呼ばれますが、法律用語では「いごん(頭の『ゆ』がない)」と呼ばれることが多いです。 遺言は、自分が死んだ後に残された人の財産や身分のことについて、書き残す・言い残したもののことです。残 […]

≫遺言についての続きを読む

遺言能力(遺言ができる人)

遺言は誰が残したものでも法的に有効、というわけではありません。遺言者の年齢や状態によっては無効とされる場合があります。 遺言は意思表示の一種ですので、心神喪失状態でされた遺言は無効です。 詐欺や脅迫によって行なわれた遺言 […]

≫遺言能力(遺言ができる人)の続きを読む

遺言は一人ずつ残しましょう(共同遺言の禁止)

遺言は、2人以上の人が1つの証書で行なうことができません。かならず1人が1つの証書で行ないます。たとえ夫婦・親子であっても、2人以上が1つの証書で行なった遺言は無効になり、どちらの人の遺言としても効力を持たなくなります。 […]

≫遺言は一人ずつ残しましょう(共同遺言の禁止)の続きを読む

遺言書の必要性

遺言書の作成についてよくご質問をいただきます。遺言書がなぜ必要なのでしょうか? 遺言書は、被相続人の最後の意思として尊重されるので、法定相続よりも優先されますし、相続人同士での争いを防止する効果もあります。 また、遺贈は […]

≫遺言書の必要性の続きを読む

死亡危急者遺言

病気やケガなどの理由で死が差し迫った人の場合、厳密さを緩和した方式での遺書(死亡危急者遺言)が認められています。死亡危急者遺言とは、遺言の意思を口で伝えて行なう「口授型の遺言方式」です。 この場合は、以下の手順で遺言を行 […]

≫死亡危急者遺言の続きを読む

ページトップへ戻る
Copyright© 越谷市の相続・遺言の相談手続き(せんげん台駅1分/土日祝営業) All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】