事実上の相続放棄

総説 相続放棄は、民法上認められた規定ですが、かなり厳格です。 第一の厳格要件は、相続放棄の熟慮期間です。3ケ月と、定められています。すなわち、民法第915条第1項は、次のように規定しています。 「相続人は、自己のために […]

≫事実上の相続放棄の続きを読む

相続放棄の期間(具体例)

相続放棄の期間・総説  相続の放棄は、3ヶ月以内にすべきです。 それは、相続人が、自己のために相続の開始があったことを知った時から、起算されます。 考慮機関の3ケ月について、具体例で検討しましょう。   具体的 […]

≫相続放棄の期間(具体例)の続きを読む

相続放棄の期間

総説 相続の放棄は、3ヶ月以内にすべきです。 それは、相続人が、自己のために相続の開始があったことを知った時から、起算されます。 すなわち、相続の原因である被相続人の死亡の事実を知り、それによって自分が相続人になったこと […]

≫相続放棄の期間の続きを読む

相続放棄

相続放棄の意義 相続放棄とは、文字通り相続を放棄することです。 すなわち、相続開始によって生じた相続財産(権利義務)の承継を、相続人が拒絶する意思表示です。 相続放棄は、被相続人からの相続財産を譲り受けないという絶対・単 […]

≫相続放棄の続きを読む

相続放棄と相続承認

総説 相続は、被相続人の死亡により、開始します。それにより、相続財産は、債務を含めて当然に、相続人に移転するものとされます。 しかしながら、有無をいわせずに、移転するものではありません。すなわち、相続人は、自らに移転する […]

≫相続放棄と相続承認の続きを読む

ページトップへ戻る
  • 最新の記事

  • 当事務所代表


    美馬克康(みま かつやす)

  • ブログ新着記事

  • Copyright© 相続 遺言相談/越谷せんげん台駅1分の美馬司法書士・行政書士 All Rights Reserved.
    【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】