業務料金

相続(登記・預金など)・遺言・相続放棄の料金は 「~」 でなく「定額」の
明朗会計です。

相続登記名義変更のご料金

 手数料108,000円+実費

 手数料の内容

  1. 無料相談(ご希望の方は、無料で訪問します)
  2. 不動産調査(相続される不動産が不明な場合)
  3. 登記前の不動産全部事項証明書(登記簿謄本)の閲覧あるいは取得
  4. 不動産評価証明書の取得
  5. 相続人調査(過去の除籍謄本・改製原戸籍謄本、現戸籍謄本の取得)
    被相続人の誕生~死亡の戸籍、相続人の現戸籍謄本を、取得します
  1. 亡くなられた方の住所調査(除住民票・戸籍の附票など)
    不動産取得時の住所と最後の住所が異なる場合、連続した住所の調査
  1. 相続される方の、住民票の取得
  2. 遺産分割協議書を作成し相続人の方へ署名・押印のお願い(除法定相続)
  3. 相続関係説明図の作成
  4. 委任状の作成
  5. 登記申請書の作成
  6. 登記申請(法務局へ、オンライン申請あるいは書面申請)
    オンライン申請の場合は、添付書類の持参あるいは郵送
  1. 登記完了証、登記識別情報通知の取得
    法務局に提出した戸籍謄本・遺産分割協議書などの返還
  1. 登記後の不動産全部事項証明書の取得
  2. 各種書類をお客様へお渡し
  3. 相続した不動産の売却サポート

* 現存の相続人は4名まで(1名追加ごとに、+5,400円)

* 登記は、1申請で3不動産まで(1不動産追加ごとに、+5,400円)

* 不動産の価額は1,000万円まで(1,000万円ごとに、+5,400円)

* 持分移転登記など別申請は、+32,400円追加

* 兄弟姉妹間の相続登記は、別料金です

実費の内容

  1. 不動産調査の名寄帳代、不動産評価証明書代
  2. 登記前・登記後の不動産全部事項証明書代(登記簿謄本)
  3. 戸籍謄本代(除籍謄本・改製原戸籍謄本・現戸籍謄本)
  4. 被相続人の除住民票代(戸籍の附票)、相続人の住民票代
  5. 上記書類を郵送取得の場合の郵送代(往復速達)あるいは交通費
  6. 登録免許税

お客様へのお願い

  1. 印鑑証明書の取得(遺産分割協議書に使用)
  2. 遺産分割協議書に署名・押印

 

相続手続き丸ごとのご料金

 相続登記+預貯金手続き 

相続財産総額  手 数 料  備  考
(不動産は評価額)
 ~1,000万円  199,800  実費が追加されます
 ~2,000万円  224,640  2銀行以上は1銀行につき+43,200円
 ~3,000万円  244,080  例:相続財産総額1,500万円で、不動
 ~4,000万円  263,520  産登記・2銀行の預金相続の場合
 ~5,000万円  282,960  224,640円+43,200円=267,840円
 以下、ご相談

少額預金の方は、ご配慮いたしております。ご相談下さい。

* 自動車相続(印鑑証明書が必要)        54,000

* 証券会社の相続手続き(1証券会社)     64,800

* 現存の相続人は4名まで(1名追加ごとに、+5,400円)

* 登記は、1申請で3不動産まで(1不動産追加ごとに、+5,400円)

*不動産の価額は1,000万円まで(1,000万円ごとに、+5,400円)

* 持分移転登記など別申請は、+32,400円追加

* 兄弟姉妹間の相続登記は、別料金です

手続内容

1. 相続人調査(戸籍収集)

2. 遺産分割協議書

3. 相続関係説明図

4. 場合により、法定相続情報一覧図

5. 不動産の手続き

6. 預貯金口座の手続き

 

預貯金相続のご料金

預 金 総 額  全 費 用 2銀行以上1銀行につき
 ~1,000万円  108,000  54,000円 追加
 ~2,000万円  129,600  64,800円 追加
 ~3,000万円  151,200  75,600円 追加
 以下、ご相談

 少額預金の方は、ご配慮いたしております。ご相談下さい。

 全費用の内容

  1. 金融機関担当者との面談(必要書類などの確認)
  2. 相続人調査(過去の除籍謄本・改製原戸籍謄本、現戸籍謄本の取得)
  3. 遺産分割協議書の作成(法定相続を除く)
  4. 相続関係説明図の作成、あるいは法定相続情報一覧図の作成、申出書の作成、
    法務局へ提出、法務局から法定相続情報一覧図の写しの受領
  5. 金融機関手続き

 

公正証書遺言のご料金

108,000(手数料・書類代・証人代含む)+公証人の手数料

 手数料の内容

  1. お客様と遺言内容のご相談
  2. 相続人へ譲渡の場合、相続関係のわかる戸籍謄本の取得
  3. 第三者遺贈の場合の、住民票の取得
  4. 不動産の全部事項証明書、評価証明書の取得
  5. 預金通帳のコピー取得
  6. 証人2名の住民票取得
  7. 遺言書原文の作成、お客様との相談で修正
  8. 公証役場に持参、公証人と検討、公証役場出頭日(ご自宅・病院に出張日)を確認
  9. 後刻、公証人よりFAXされた遺言書内容をお客様にお知らせ
  10. 当日、公証役場に証人として出頭(他の1名は、行政書士)

* 相続人・受遺者は、3名まで(1名追加ごとに、+5,400円)

* 遺産内容総額は、2,000万円まで(1,000万円追加ごとに、+5,400円)

* 不動産は、4不動産まで(追加1不動産ごとに、+5,400円)

 お客様へのお願い

  1. 印鑑証明書の取得
  2. 預貯金通帳のコピー(ご持参頂ければ、当事務所でやります)
  3. 当日に、実印・金員の持参

 

自筆証書遺言のご料金

 43,200

  1. 当事務所で、作成のご指導を致します。
  2. 便箋・封筒は、当事務所で準備しますから、その場で作成が可能です。

 

相続放棄のご料金

 54,000円、2名様からはお一人+43,200

  1. 必要書類は、当事務所で取得します。
  2. 相続放棄申述書に必要な印紙・切手も、当然準備します。
  3. お客様は、作成後の相続放棄申述書に署名・押印をお願いします。
    相続放棄申述書は、当事務所から送付(あるいはご来訪)します。
  1. 提出後に裁判所から送付の「照会書」の書き方をお教えします。
  2. 最後の「相続放棄受理証明書」の取得方法をお教えします。
    その際に必要な、印紙は当方で準備します。

 

 

ページトップへ戻る
Copyright© 越谷市の相続・遺言の相談手続き(せんげん台駅1分/土日祝営業) All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】