相続通則

それでは、千間台駅前大学の、居眠教授の民法相続法ゼミを始めます。
質問をどんどんしますので、居眠りはできませんよ。
教授 : A君、相続開始の原因は、死亡以外にもありますか。
戸主の隠居で、相続は開始しますか。

A君 : 相続開始原因は、死亡のみです。
戸主の隠居のような、生前相続は認められません。

教授 : B君、相続開始の効果は、いつ生じますか。

B君 : 相続開始の効果は、被相続人の死亡と同時に生じます。

教授 : C君、相続人が、被相続人の死亡を知らなかった場合は、知った時ですか。

C君 : いいえ。
相続人が、被相続人の死亡の事実を知ったかどうかは、関係ありません。
ついでに、戸籍上の死亡の届出をしたかどうかに、関わりません。

教授 : C君、質問の回答だけでいいのです。「ついで」は、不要です。それでは、C君、ついでに聞きますが、相続開始時期は、具体的には、いつですか。認定死亡とか、失踪宣告の場合など各種あると思うのですが。

C君 : 相続開始時期は、具体的には次のように解されています。

  1. 一般死亡の場合は、戸籍簿記載の死亡の年月日時分です。
  2. 認定死亡の場合は、戸籍簿に、認定死亡の記載がされた日です。
  3. 失踪宣告で、普通失踪は、失踪期間の満了時です。
  4. 失踪宣告で、危難失踪は、危難の去った時です。

教授 : D君、相続開始の場所は、どこですか。
東京在住の者が、海外で死亡した場合は、どうでしょうか。

D君 : 相続は、被相続人の最後の住所地において開始します。
これは、相続事件の裁判管轄の決定基準となります。
したがって、東京在住の者が、海外で死亡しても、東京の住所地となります。

教授 : E君、法人は、相続人となりますか。

E君 : わが国の民法は、法人が相続人となることを、認めていません。

教授 : それでは、胎児は、相続人となりますか。

E君 : はい。
胎児は、相続については、既に生まれたものとみなされます。

教授 : F君、胎児が、死産児の場合は、どうなりますか。

F君 : この場合は、相続しません。

教授 : F君、胎児のために、相続登記とか、遺産分割ができますか。理由も述べてください。

F君 : 胎児を相続人とする、相続登記はできます。
胎児の保護となるからです。
しかし、遺産分割協議はできません。
これは、必ずしも胎児の保護とはなりませんので、認められません。

教授 : よくできましたね。
それでは、今日のゼミは、これで終わります。

 

相続 は、下記の項目をご紹介しています。

 

→ 越谷市の相続・遺言・相続放棄の相談手続き(せんげん台駅1分) トップ


→ 越谷の相続・遺言・相続放棄は司法書士行政書士の美馬/千間台駅1分
→ 越谷市の株式会社設立代行・離婚相談(せんげん台駅1分/土日祝営業)

ページトップへ戻る
Copyright© 越谷市の相続・遺言の相談手続き(せんげん台駅1分/土日祝営業) All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】