相続財産(概要)

相続財産の包括承継

  1. 相続によって、相続人は、相続財産をすべて承継します。
    民法第896条は、次の通り、相続財産の包括承継を定めています。
    「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。」(本文)との、規定です。
  2. つまり、相続人の承継する権利義務は、被相続人が有した財産法上の地位を、すべて受け継ぐとの意味です。

 

例外としての帰属上の一身専属権

  1. 相続財産は、包括承継しますが、民法第896条は、続けて次のように規定しています。
    「ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。」
  2. これは、相続財産の包括承継の例外です。つまり、被相続人の一身に専属したものは、相続財産に属さない、との意味です。
  3. 被相続人の一身に専属したものとは、帰属上の一身専属権です。
  4. たとえば、委任契約に基づく委任者又は受任者の地位は、その人のみに帰属する一身専属権です。
  5. 委任者又は受任者の死亡により、委任は終了し、相続しません。

 

祭祀財産について

  1. 祭祀財産とは、系譜・祭具・墳墓など、祭祀を営むために必要なもののことです。
  2. 祭祀財産も相続財産の例外となり、相続財産を構成しません(民法第897条)。つまり、相続人が承継いたしません。
  3. 祭祀財産は、祖先の祭祀を主宰すべき者が承継します。親族に限られません。
  4. 祖先の祭祀を主宰すべき者とは、次の者をいいます。
    1. 第一に、被相続人が指定した者です。
    2. 第二に、被相続人の指定がないときは、慣習に従います。
    3. 第三に、慣習が明白でないときは、家庭裁判所が定めます。

 

相続財産の問題例

  1. 民法で規定された相続財産については、前記のようなものです。したがって、相続財産に属する権利義務であるかどうかは、種々問題となります。
  2. 個々の項目で、総論的な問題プラスアルファをご紹介いたします。

 

相続財産 は、下記の項目をご紹介しています

 

→ 越谷市の相続・遺言・相続放棄の相談手続き(せんげん台駅1分) トップ


→ 越谷の相続・遺言・相続放棄は司法書士行政書士の美馬/千間台駅1分
→ 越谷市の株式会社設立代行・離婚相談(せんげん台駅1分/土日祝営業)

ページトップへ戻る
Copyright© 越谷市の相続・遺言の相談手続き(せんげん台駅1分/土日祝営業) All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】