自筆証書遺言と公正証書遺言の違い

自筆証書遺言と公正証書遺言には、以下のような違いがあります。それぞれにメリットとデメリットがございますので、比較検討のお役に立ててください。

自筆証書遺言 公正証書遺言
遺言の作成 全文を自分で書く必要がある 必要事項を公証人に口授して、最後に内容を確認・署名するだけ
遺言書の無効 方式不備で無効になることが多々ある 専門の公証人が筆記するため無効になることはまずない
偽造・変造など 偽造・変造・滅失・隠匿・未発見のおそれがある 作成後は公証人が保管するため、偽造・変造はなく、滅失・隠匿・未発見のおそれもない
秘密保持 遺言書の存在そのものも含めて秘密保持に適している 少なくとも公証人および証人には、遺言の内容まで知られてしまう
費用 筆記用具や用紙も特別なものは必要ないため0円で可能 公証人に支払う費用が必要

公正証書遺言の費用
遺産の金額・内容 公証人手数料
100万円まで 5,000円
200万円まで 7,000円
500万円まで 11,000円
1000万円まで 17,000円
3000万円まで 23,000円
5000万円まで 29,000円
1億円 まで 43,000円
以下、省略
(他に遺言手数料11,000円、用紙代3,000円程度、出張を依頼する場合は出張費も必要)
検認手続き 家庭裁判所の検認手続きが必要 検認手続きは不要

 

公正証書遺言 は、下記の項目をご紹介しています。

 

相続遺言越谷せんげん台駅前相談手続きセンター トップ
美馬克康司法書士・行政書士事務所
会社設立代行・離婚/越谷市せんげん台駅前司法支援センター

ページトップへ戻る
  • 最新の記事

  • 当事務所代表


    美馬克康(みま かつやす)

  • ブログ新着記事

  • Copyright© 相続 遺言相談/越谷せんげん台駅1分の美馬司法書士・行政書士 All Rights Reserved.
    【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】