遺言書の必要性

遺言書の作成についてよくご質問をいただきます。遺言書がなぜ必要なのでしょうか?

  1. 遺言書は、被相続人の最後の意思として尊重されるので、法定相続よりも優先されますし、相続人同士での争いを防止する効果もあります。
  2. また、遺贈は法定相続よりも優先され、さらに、遺言で認知を行なうことで非嫡出子を相続人にすることもできます。

 

遺言書の現在の動向

現在でも法定相続がまだまだ多く、遺言は少ないです。しかも、遺言の法律上の要件が厳しいため、遺言の慣習が広まっていない割には遺言訴訟が多いようです。

特に、方式の不備がある遺言のせいで裁判になってしまうケースが少なくありません。

では、遺言書を残す意味などないのかというと、そんなことはありません。法律でも、被相続人の自由な最終的な意思を確保するための制度として、遺言には法律上も様々な特色を認めています。

遺言の長所を捉えて、この機会に遺言書の必要性を認識されてはいかがでしょうか?

ただし、遺言が被相続人の最後の自由な意思を保護するといっても、財産を100%自由に処分していいと認めているわけではありません。財産はできるだけ家族の中に留めておくべきだという思想に基づき、「最低でもこれだけは法定相続人に財産を残しなさい」という遺留分の制度を採用しています。

被相続人の遺贈の自由も無制限ではなく、ある程度は制限されているのです。

 

遺言書 は、下記の項目をご紹介しています

 

→ 越谷市の相続・遺言・相続放棄の相談手続き(せんげん台駅1分) トップ


→ 越谷の相続・遺言・相続放棄は司法書士行政書士の美馬/千間台駅1分
→ 越谷市の株式会社設立代行・離婚相談(せんげん台駅1分/土日祝営業)

ページトップへ戻る
Copyright© 越谷市の相続・遺言の相談手続き(せんげん台駅1分/土日祝営業) All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】