遺贈登記

不動産を取得した場合は、民法177条より登記が必要です。

不動産に関する物権の得喪及び変更は、不動産登記法 (平成16年法律第123号)その他の登記に関する法律の定めるところに従いその登記をしなければ、第三者に対抗することができない。

死因贈与あるいは遺贈で、義父の不動産を取得した場合、登記を早くしてください。なぜなら、義父の相続人が「不動産を相続した」として、第三者にその不動産を売却して移転登記をした場合、その者が不動産を取得するからです。

 

登記申請書の例

同居していた義父甲野太郎の土地・建物を遺贈された亡長男の嫁・甲野花子の登記申請書は、次のようになります。

なお、遺言執行者はなく、相続人は隣町に住む甲野次郎です。

 

相続登記名義変更 は、下記の項目をご紹介しています

 

相続遺言越谷市せんげん台駅前相談手続きセンター トップ
美馬克康司法書士・行政書士事務所
会社設立代行・離婚/越谷市せんげん台駅前司法支援センター

ページトップへ戻る
  • 最新の記事

  • 当事務所代表


    美馬克康(みま かつやす)

  • ブログ新着記事

  • Copyright© 相続 遺言相談/越谷せんげん台駅1分の美馬司法書士・行政書士 All Rights Reserved.
    【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】